読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ChanLab Report

近況の備忘録ブログ

Swift + GPSログをとる (Part1)

過去記事(序章)はこちら

はじめに

定期試験やら大学院試などで少し作業が疎かに...。
さて久々に研究を進めようと思い、上記の過去エントリーを見たところ
自分で書いている記事なのに、何書いてるのかがよく分からないという事態に。

…ということで、今記事をPart1として過去エントリーのまとめを行うことにしました。

前準備

Homebrewの導入

$ brew install wget

リンク:Homebrew — OS X 用パッケージマネージャー

CocoaPodsの導入

$ sudo gem install cocoapods

リンク:CocoaPods.org

Rubyのバージョンアップ

$ rbenv install 2.2.2

RealmSwiftを導入する

リンク:Realm
上記リンクの記載通りにRealmSwiftを導入する。
今回はCocoaPodsを利用する為、podfileをプロジェクトフォルダに生成しインストールを行う。

Podfileの作成

ターミナルでlsとcdを駆使し、プロジェクトのルートフォルダに移動し、

pod init

と入力する。ルートフォルダにpodfileと呼ばれるテキストファイルが生成される。

Podfileの編集

Podfileを開き、アプリケーションとテストのターゲットに対しpod 'RealmSwift'を追加する。

# Uncomment this line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'

target '**********' do
  # Comment this line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!
  pod 'RealmSwift'
  # Pods for GPS計測アプリ

  target '**********Tests' do
    inherit! :search_paths
    # Pods for testing
  pod 'RealmSwift'
  end

  target '**********UITests' do
    inherit! :search_paths
    # Pods for testing
  pod 'RealmSwift'
  end

end

PodfileからRealmSwiftをインストール

ターミナルでPodfileのあるディレクトリに移動後、

pod install

と入力。成功すると、podがプロジェクトに組み込まれる。

※注意※
この操作をした後、プロジェクトを開く場合は
”*******.xcworkspace”の拡張子のファイルから開く
これを無視して.xcodeprojの拡張子ファイルから開くと、
"import RealmSwift"をした時にNo such moduleエラーで弾かれる。

RealmBrowserのインストール

App Storeからインストールを行う。

Realm Browser

Realm Browser

  • Realm
  • 開発ツール
  • 無料