読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ChanLab Report

近況の備忘録ブログ

進捗報告エントリー(状況説明/整理用)

実行環境

Mac

Macbook Pro 13 → OS X El Capitan (ver.10.11.6 Beta)
Macbook Pro 15 → MacOS Sierra
Macbook Air 11 → OS X El Capitan

iPhone

・iPhone 6S Plus → iOS10
・iPhone 6S → iOS9.3.3
iPhone 5S → iOS9.3.2

Xcode

  • Xcode7.3.1(最新版)とXcode8.0(beta版)を導入。

進捗状況

サンプルプログラム"Compass"を動かす

chancp3.hatenablog.com
①iPhone 6S Plusでも実行出来る様に、CompassのサンプルアプリをXcode8.0で実行。
②Swift2.3/Swift3.0への変換を促すポップアップが出現。
→ Swift3.0を選択するとサンプル自体動作不能。エラー出現。
→ Swift2.3を選択すると動作自体は可能。画面レイアウトに多少のバグ有り。

GPSログをとる

chancp3.hatenablog.com
①Realmを導入するためにCocoaPodsを導入しようとするも、MacOSだとRubyのバージョンの問題で導入不可(困難)。
②Realmを導入するためにCarthageを導入する。
 Carthage自体の導入は成功するも、RealmをXcode8.0でインポートしようとするとエラーで弾かれる。そのためRealmの導入自体を断念。
③CoreDataを導入する。Xcode8.0でCoreDataのファイルを作成。
 Entryを作成し、サブクラスを作成しようとするとEntryが消えるという謎のバグに遭遇。
 Xcode8.0の不具合加減に嫌気がさし、使用中止。Xcode7.3.1に切り替え。

振り出しに戻る

①Xcode7.3.1でサンプルプログラム"Compass"のコードをほぼコピペ。
 画面パーツは自分で配置し、コピペコードと連動する様にする。
 (磁北/真北セグメントが上手く動作していないが気にしない。)
 忘れがちなのは、Info.plistにおいて位置情報の取得許可を促すポップを出現させる設定をすること。
 これをしないと現在地がいつまでも取得できないまま。
②CoreDataを導入する。 → Realm導入成功したので、そちらで。